コラム アーカイブ - 貸し会議室インフォメーション

貸し会議室インフォメーション
  • 貸し会議室はAP貸し会議室を検討してみましょう
  • 格安の貸し会議室ならSpacee [スペイシー]
  • アットビジネスセンターで貸し会議室を借りる
  • インスタベースで貸し会議室を検索
  • 貸し会議室とリロの会議室

コラムの記事一覧

イベント用の貸し会議室の選び方は場所を重視

商品を販売したり、サービスを提供する会社の場合、定期的にイベントを行うことがあります。自社のショールームなどがあれば、そちらにお客さんを呼んで行うことができます。しかし、会社の立地があまりよくない場合、会社にショールームそのものがない場合があります。あまり使わないのにショールームを持つのも、賃料がかかるので効率的ではありません。

イベントでスペースを利用するとき、貸し会議室を利用するとよいでしょう。会議室とありますが、必ずしも会議のみしか使えないわけではありません。それぞれの会社で使える用途は決まっていますが、イベント会場などに使うこともできます。テーブルやいすが必要であれば借りることができますし、逆にテーブルなどを一切置かないで利用することもできます。

選び方として、立地を重視する必要があります。イベントですから、お客さんに来てもらうことになります。お客さんがわざわざ出向いてもらいやすいところの方が、集客がしやすくなります。駅前であったり、駅と直結したビルなどが良いでしょう。駅と直結していれば、雨が降ったときにでも来やすくなります。駅に直結していると、案内もしやすくなります。近くに目印になるような場所があるとなおよいでしょう。


貸し会議室のメリットとデメリットは部屋の雰囲気

お客さんに来社してもらうとき、できるだけ見た目をきれいにしたいと考えます。きれいな部屋であれば、気持ちよく商談をすることができます。しかし、ビルの作りによっては、あまり見た目がきれいでない場合があります。オフィス内はきれいに片付けていたとしても、ビルの外観などが古かったりすると、良くないイメージを与えることがあります。

貸し会議室を利用するメリットとして、きれいな雰囲気の中で業務が行えることです。イベントであったり、商談、いろいろなことに使うことができます。会社が入っているビルがあまりきれいでない場合、狭いなどの場合、こちらを利用することで、嫌な印象を与えないで済みます。会社にない設備などを借りることもできるので、それらを使ってプレゼンなどができることもあります。

デメリットとして、あまりきれいな雰囲気だと、いかにも貸し会議室を利用しているように感じることがあります。お客さんとしては、社内の様子を見たいと感じている人もいるでしょう。会議室も持っていない会社として、低く見られてしまう場合もあります。ただし、最近は当たり前のサービスになりつつあり、利用しても大きなデメリットになることはありません。利用する利点の方が多くなっています。


貸し会議室でのさまざまな会議以外の使い方

貸し会議室は、本来なら企業などの重要機密な内容を、外部に漏らさない様、厳重警戒で会議室を貸し切って、延々話し合いを設ける場所が正当な使い方ですが、今の時代、インターネットやスカイプなどツールの発展で、企業の全国の支社、支店などとテレビ電話でつないで、話をすることが可能になりました。ですから、昔の様に、時間を費やして、交通費をかけて、わざわざ会議室に集結しなくても、会議を簡単に行われる時代になりました。

ですから、貸し会議室のビジネスも、貸り手市場主義という訳です。運営する方は、何が何でも借りて欲しいと言う訳です。なので、発想を変えて、会議に使用するだけではなく、限度範囲内であればさまざまな利用方法で借りても、大目に見てもらえると言う現状が成立しつつあります。例えば継続性のない、単発のワークショップなどの大勢であっても、静かに行う様なシチュエーションであれば、だいたいが借りる事が可能です。

会議と言うと、ビジネスマンや働くOLさんがとりおこなうイメージが強いですが、ママさん達のおクラス単位の集まりだとか、学校行事に向けての係で行う集まりや出し物の練習なども、騒がず節度を持って行うのであれば、その様な場面での利用方法も可能でしょう。


カテゴリー